吹田市「千里山」駅・徒歩2分・内科・消化器内科・肝臓内科『このしたクリニック』近隣のクリニック・病院とも連携し、苦しくない、しんどくない内視鏡検査、人間ドッグなども受け付けております。体の不調など、ご気軽にご相談ください。

ワクチンについて

ワクチンについて

現在、以下のワクチンを取り扱っております。
予約制とさせて頂いておりますので、まずはご予約をお願いします。
ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。
(06-6318-7610)

取り扱いワクチン

肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)

ご予約を頂いてからワクチンを発注致しますので、ご希望日の7日前までにご予約をお願いします。他のワクチンを接種した後は、2週間以上あけての接種をお願いします。

自費(保険外診療)で接種して頂くことも可能です。

吹田市 高齢者肺炎球菌ワクチンの接種について

MR(麻しん風しん混合)ワクチン

ご予約を頂いてからワクチンを発注致しますので、ご希望日の7日前までにご予約をお願いします。他のワクチンを接種した後は、2週間以上あけての接種をお願いします。

自費(保険外診療)で接種して頂くことも可能です。

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)

ご予約を頂いてからワクチンを発注致しますので、ご希望日の7日前までにご予約をお願いします。2か月あけて、2回の接種が必要です。他のワクチンを接種した後は、2週間以上あけての接種をお願いします。

自費(保険外診療)での接種が可能です。

帯状疱疹について

帯状疱疹について
①帯状疱疹とは

帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルスが原因で発症します。
水ぼうそうになった後もこのウイルスは体の中に潜んでおり、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になると言われています。

②症状

帯状疱疹の症状として、ストレスや疲労などでからだの免疫が低下しているときに、顔面や頭皮、背中、脇腹、大腿に痛みを伴う皮疹が出現します。
このウイルスは神経に感染するもので、50歳以上で帯状疱疹を発症した人の約18%は、皮膚症状が治癒した後も痛みが続く帯状疱疹後神経痛になると言われています。
これになると大変厄介で、長く痛みが残ることがあります。
また、目や耳の神経がこのウイルスに感染して障害されると、めまいや耳鳴り、さらに重症化すると視力低下や顔面神経麻痺などの後遺症が残ることがあります。

③ワクチン

現在は、50歳以上の方は帯状疱疹を予防するためのワクチンを接種することができます。
これまでは水ぼうそうの予防にも使われている水痘生ワクチンが使用されてきましたが、2020年1月に新しい帯状疱疹ワクチンである「シングリックス」という名前の薬剤が発売となり、当院でも接種が可能です。

④接種の間隔と回数

シングリックスは2ヶ月間隔で筋肉内に2回接種する不活化ワクチンです。

⑤予防効果

帯状疱疹に対する予防効果は、50歳以上では97.2 %、70歳以上では89.8%、また帯状疱疹後神経痛に対する予防効果も 88.8%と報告されており、水痘生ワクチンよりも高い効果が期待できます。

⑥副反応

副反応として、ワクチン接種による免疫反応のため注射部位の痛みや腫れがあらわれますが、多くは3日以内に治まります。

B型肝炎ワクチン(ビームゲン)

ご予約を頂いてからワクチンを発注致しますので、ご希望日の7日前までにご予約をお願いします。初回、4週後、20-24週後というスケジュールで計3回の接種が必要です。他のワクチンを接種した後は、2週間以上あけての接種をお願いします。

接種前にHBs抗原(3,000円)、HBs抗体(3,000円)の測定をお勧めしますが、測定せずに接種のみも可能です。また、接種後は4-8週後にHBs抗体を測定して、ワクチンの効果を判定することをお勧めします。

自費(保険外診療)での接種が可能です。

B型肝炎とワクチンについて

B型肝炎とワクチンについて
①B型肝炎とは

B型肝炎ウイルス(hepatitis B virus;HBV)は血液を介して感染する病原体としては最も感染力が強く、陽性者の血液、体液、粘膜に触れたり、小さな傷や皮膚炎など傷害された皮膚へ触れたりすることでも感染が成立する場合があると言われています。

成人がHBVに感染した場合、6週~6ヵ月の潜伏期の後に30~50%の方で急性肝炎を発症し、そのうち1%弱が劇症肝炎となり、その相当数が致死的転帰をとるとされています。また、急性肝炎の1%程度で慢性肝炎になるとされています。B型肝炎のHBs抗原というものが陰性化しても(平たく言うと、HBVの活動が落ち着いたとしても)、肝臓の細胞中にウイルスのDNAが残るために、抗がん剤や免疫抑制剤などの免疫抑制をきたす治療によりHBVが再活性化して、肝炎をきたすことが近年問題となっています。HBVに対しては効果的なワクチン(B型肝炎ワクチン)が存在して、日本において医療機関や医療系教育機関でB型肝炎ワクチン接種が広く行われるようになってきており、全国的に標準化が進んでいます。

②ワクチン

初回、4週後、20-24週後というスケジュールで計3回の接種が必要です。他のワクチンを接種した後は、2週間以上あけての接種をお願いします。

接種前にHBs抗原(3,000円)、HBs抗体(3,000円)の測定をお勧めしますが、測定せずに接種のみも可能です。また、接種後は4-8週後にHBs抗体を測定して、ワクチンの効果を判定することをお勧めします。

上記のワクチン接種で40歳未満の医療従事者では約92%で、40歳以上では約84%で基準以上の抗体価を獲得したと報告されています。抗体を獲得した場合、以後HBVに曝露されても急性B型肝炎の発症はないことが報告されており、免疫獲得者では30年以上にわたって急性肝炎や慢性B型肝炎の発症予防効果が認められています。

ビームゲンは不活化ワクチンであり、接種に伴う局所の痛み、腫れや接種後の発熱などワクチンに共通の副反応はあるものの、本ワクチン特有の副反応は知られていません。

麻疹ワクチン

ご予約を頂いてからワクチンを発注致しますので、ご希望日の7日前までにご予約をお願いします。1回接種して頂き、2回目が必要な際は4週後に再接種となります。他のワクチンを接種した後は、2週間以上あけての接種をお願いします。

接種前に麻疹抗体(3,000円)の測定をよろしくお願い申し上げます。

自費(保険外診療)での接種が可能です。

クリニック情報

〒565-0844大阪府吹田市千里山霧が丘9-1千里山メディカルモール1F

お気軽にお問い合わせください

TEL 06-6318-7610
阪急千里線「千里山」駅より徒歩約2分

駐車場10台分有り(自転車・バイク置き場もあり)メディカルモールをご利用の患者様は無料でお使い頂けます

診療時間
午前診療
内 視 鏡
  8:50~12:00
内 視 鏡13:00~16:00
午後診療17:00~19:00

予約優先制で診療をさせて頂いております

15時まで 訪問診療、往診

・胃カメラは午前中も行っております。
お気軽にご相談ください。

・内視鏡や休憩時間に緊急往診に出ていることがありますので、ご来院頂く前にお電話をよろしくお願い申し上げます。

・受付は診療時間終了の30分前までとなっております。申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い致します。

※臨時休診、診療時間の変更については新着情報をご覧ください。

休診日土曜午後、日曜、祝日

阪急千里山駅から「このしたクリニック」までの道順

阪急千里山駅東口改札を出て、阪急オアシスの入るビル(BiVi千里山)と駅の間の道を南千里方面に歩いてください。

しばらくすると高架がありますので、それをくぐります。
すぐ先の左側にコインランドリーがあり、さらに先に三井のリパーク(時間貸し駐車場)が左側に見えてきます。

三井のリパークを超えると右側に千里山メディカルモールが見えます。モールの1階が「このしたクリニック」でございます。

PAGETOP
Copyright © 2023 このしたクリニック All Rights Reserved.